Blog&column
ブログ・コラム

忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

query_builder 2021/02/09
ブログ
ふちがみ労務管理センター

従業員がやめたとき、社会保険の資格を外すのは

忘れないと思いますが、税金の手続きを忘れがちです。

源泉徴収についてはパソコンで計算をしている会社は

年の中途でも、年末調整をしないで打ち出せば

出せることが多いため忘れることは比較的少なくて済みます。

ただ、市民税については異動届というのを市区町村に出していないと

いつまでも、会社に支払えと言ってきます。

辞めた社員のことで、頭にくるかと思いますが、市区町村は効率的に税金を

取りたいのとデーターがないため、会社に言ってくるのだと思います。

この異動届を出さない限り、請求してきます。

従業員が辞めたときは、面倒でも、市区町村に届出をしてください。
 

また、確定申告の時期になりましたので、昨年辞めたり、すでに渡したのに
 

再度、源泉徴収票をくれという厚かましい元社員が後を絶ちません。

うちの事務所の関係者は源泉徴収については、

本物は年末に無理に渡さないようにしています。

そうしないと、仕事が増えるので必要悪です。

長くなるので、今日はこれくらいにします。

 

NEW

  • 電子書式を利用したら、楽になりました。

    query_builder 2021/08/11
  • 年金の支給要件緩和されても、前のルールは生きている。

    query_builder 2021/02/13
  • マイナンバーが解れば、とりあえず社会保険の手続きができる。

    query_builder 2021/02/10
  • 忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

    query_builder 2021/02/09
  • 外国人雇用の流れとは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE