Blog&column
ブログ・コラム

社労士の仕事内容について

query_builder 2021/02/11
コラム
legal-attorney-jurist-signature
社労士という人達がいるのは知っているけど、どのような仕事をしているのか知らないという方もいるのではないでしょうか。
働き方改革が進む中で、以前に増して企業の労務管理が重視されるようになりました。
そこで注目されているのが社労士です。では社労士がどのように労務環境に関わっているのでしょうか。
今回は、社労士の仕事内容について解説していきます。

▼申請書類の作成
申請書類の作成は、社労士のみが行える1号業務になります。
社会保険や労働保険の新規加入と脱退の手続き、健康保険の傷病手当金や出産手当金などの給付申請手続き、労働保険の更新手続き、各種助成金の申請手続きなどを行います。
さらに、働き方改革が進んで行く中で社労士の業務範囲も増えつつあります。

▼帳簿書類の作成
帳簿書類の作成は、社労士のみが行える2号業務になります。
具体的には、就業規則の書類、賃金台帳の書類、労働者名簿の書類などの作成を行います。
これらの書類は労務管理の基本で、労働基準監督署の臨検では必ず確認されます。
そのため、必ずしも社労士に作成を依頼しなければならないというわけではありませんが、専門家に任せた方が安心でしょう。

▼コンサルティング
相談対応や指導などのコンサルティングは、社労士でなくても行うことができる3号業務になります。
人事労務関係の指導や社員教育カリキュラムの検討などは社労士の独占業務ではありませんが、社労士の専門範囲なので依頼するメリットはあるでしょう。

▼まとめ
社労士の仕事内容は主に今回紹介した3種類ですが、働き方改革に伴って社労士の活躍の場は増えています。
労働に関してお困りの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 年金の支給要件緩和されても、前のルールは生きている。

    query_builder 2021/02/13
  • マイナンバーが解れば、とりあえず社会保険の手続きができる。

    query_builder 2021/02/10
  • 忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

    query_builder 2021/02/09
  • パートやアルバイトの社会保険の加入条件について

    query_builder 2021/02/23
  • 社会保険料とは?加入対象となる条件について

    query_builder 2021/02/20

CATEGORY

ARCHIVE