Blog&column
ブログ・コラム

労働保険の手続きについて

query_builder 2021/05/22
コラム
entrepreneur-startup-start-up-woman
労働保険への加入や保険料の納付の際には色々な手続きが必要ですが、一度手続きの内容について整理しておきたいと考えている事業者の方は多いのではないでしょうか。
今回は労働保険の手続きについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

▼労働保険において必要な手続き
労働保険にまつわる手続きは、主に以下の3つです。
・加入の手続き
・保険料納付の手続き
・更新の手続き
労働保険への加入は、従業員を雇い入れた日から10日以内に書類を提出する必要があります。
期限が短いですので、これから事業を興すという方は会社を稼働させる前に労働保険加入に関する知識をしっかり身に付けておきましょう。

労働保険料は、毎年6月1日~7月10日に申告書と一緒に納付します。
ここに間に合うように書類などの準備を進めていってください。
「更新の手続き」というのは、年度の見込みの労働保険料をまとめて前払いする手続きを指します。
後に毎月の給与額を見ながら調整していくことになります。


■手続きについて相談したい場合は?
労働保険の一連の手続きは、どのフローもかなり煩雑で難しいものです。
労働保険関連の手続きについて専門家に相談したい場合は、ぜひ社労士にご依頼ください。
社労士なら労働保険に関する内容だけでなく、人事や労務などの経営関連のコンサルも含め、多岐に渡るアドバイスが可能です。
ふちがみ労務管理センターでも、経験豊富な社労士がご相談に応じています。
様々な手続きを行う中では予期せぬトラブルが起きることもありますので、会社立ち上げの際にかかりつけの社労士を見つけておくと安心でしょう。

▼まとめ
会社経営には色々な手続きがあって大変だと思う事業者の方は多いことでしょう。
しかし、ひとつずつクリアしていけば手続きは必ず完遂できます。
プロの手も借りながら、労働保険の手続きを着実に進めていってくださいね。

NEW

  • 年金の支給要件緩和されても、前のルールは生きている。

    query_builder 2021/02/13
  • マイナンバーが解れば、とりあえず社会保険の手続きができる。

    query_builder 2021/02/10
  • 忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

    query_builder 2021/02/09

CATEGORY

ARCHIVE