Blog&column
ブログ・コラム

就業規則の相談は専門家へ

query_builder 2021/06/15
コラム
achievement-adult-agent-banking
労働基準法で定められている就業規則の作成は、効率的な労務管理や労使のトラブルを避ける為にも欠かせないものです。
ご自分で作ることもできますが、専門家である社労士への相談をお勧めします。

就業規則の相談は社労士
自分の会社の就業規則ぐらい自力で作るという心意気は立派です。ただ、社労士には専門的な知識や経験があります。
相談をしないで作成した場合、残念な結果に繋がる可能性もあるのです。

■他社の就業規則を真似るのはダメ
よくあるのが他社の就業規則を真似るケースです。確かに一番手っ取り早い方法といえるでしょう。
実際にダウンロードした就業規則を利用してという事例もあるのですが、これはとてもリスクの高い方法です。
自社では対応しきれない好条件を就業規則に謳っていたとしたらどうなるでしょう。労使間のトラブル発生は目に見えていますね。

■労働基準監督署の雛形を使う
労働基準監督署にある就業規則の雛型の使用、この方法は他社の就業規則を真似るよりも確かな方法です。
少なくとも法律上の面では問題なくクリアできるはずでしょう。
しかしながら、あくまでも法律上のことだけで、会社にとっての利益等に触れることはありません。社労士への相談は、この点を深く考えてくれるメリットがあるのです。

就業規則に詳しい社労士
就業規則作成の相談は、労務の専門家へするのが理想的といえるでしょう。
勿論、同じ社労士にも得手不得手があり、就業規則に詳しい社労士に相談するのが会社にとってベストといえます。

▼まとめ
法律で定められている就業規則の作成は、時間や労力の効率を考えても専門家へ相談するのが一番ではないでしょうか。
ふちがみ労務管理センターでは特定社労士が親身に対応しています。どのようなことでもお気軽にご相談くださいね。

NEW

  • 電子書式を利用したら、楽になりました。

    query_builder 2021/08/11
  • 年金の支給要件緩和されても、前のルールは生きている。

    query_builder 2021/02/13
  • マイナンバーが解れば、とりあえず社会保険の手続きができる。

    query_builder 2021/02/10
  • 忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

    query_builder 2021/02/09
  • 外国人雇用の流れとは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE