Blog&column
ブログ・コラム

就業規則に違反したときはどうなるの

query_builder 2021/07/01
コラム
student-woman-startup-business
ルールを破ったとき、当然ペナルティが発生しますね。会社も同じ、就業規則に違反した場合には相応の懲戒処分が下されます。

就業規則の違反に対する懲戒処分
違反した行為の内容により対処される懲戒処分には違いがあります。

■会社はルール違反の社員に懲戒を下すことが可能
就業規則とは職場の独自のルールブックといえるもの、職場で働いている限り社員はそのルールを守る義務があります。
就業規則を無視して好き勝手に行動されては、会社は不利益を被るばかりですものね。
会社の存続を守り更なる発展を目指す、この為に会社は法律に則って社員に懲戒を下すことが可能なのです。

■懲戒処分の種類
違反行為を注意し将来の為に戒める戒告から、労働契約を終了させる一番重い処分の解雇までと違反行為により下される懲戒処分の種類は様々です。
役職は維持されますが、減給や出勤停止は受け取る給料に大きく影響し、降職や降格に至っては言葉通りに今までのポジションを解かれてしまいます。
懲戒解雇の一歩手前の諭旨解雇は、依願退職という形式になる為、退職金を受け取ることができます。見かたによっては会社側の温情といえるかもしれませんね。

就業規則は社員の味方でもある
会社を守る就業規則ではありますが、一方では社員の味方でもあります。
それは法律や法令に違反している就業規則は無効、懲戒を下された社員はその決定に甘んじる必要はないのです。
就業規則の内容や変更は周知されていましたか、違反内容と比べて懲戒処分が重すぎではないですか。
会社側だけに都合が良い決定には、社員も声をあげる権利があることを心得ておきましょう。

▼まとめ
就業規則の違反者には相応の懲戒処分が下されます。本来、就業規則は会社側と社員が円滑に仕事を進める為に大切なもののはず。
ふちがみ労務管理センターでは、就業規則についての様々な相談に対応しています。悩まずお気軽にお問い合わせくださいね。

NEW

  • 電子書式を利用したら、楽になりました。

    query_builder 2021/08/11
  • 年金の支給要件緩和されても、前のルールは生きている。

    query_builder 2021/02/13
  • マイナンバーが解れば、とりあえず社会保険の手続きができる。

    query_builder 2021/02/10
  • 忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

    query_builder 2021/02/09
  • 外国人雇用の流れとは?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE