Blog&column
ブログ・コラム

労災の認定条件について

query_builder 2022/01/15
コラム
designer-company-aereal-computer
業務中などに起きた怪我や病気は、労災とみなされ保険があれば補償されます。
ただ、労災と認定されるためには、ある条件が必要と鳴ります。
条件を満たしているかどうかで、給付が受けれるか決まるため知っておくべきです。
そこで今回は「労災の認定条件」について紹介します。

労災の認定条件とは?
労災とは、業務中や通勤中に病気や怪我をした場合のことを表します。
その際にかかる治療費や、休業補償などを受けることが可能です。
ただ補償されるためには、労災と認定される条件を満たす必要があります。

そもそも労災の対象は、2種類に分かれます。
通勤中の災害⇒「通勤災害」
業務中の災害⇒「業務災害」
上記それぞれ、労災のトラブルと認定されるための基準が違います。

■通勤災害の認定条件
結論から言うと通勤災害は、就業に関する通勤時に起こった場合認定されます。
例としては就業先と家の往復中の災害などです。
そのため往復中に、逸脱したコースを通勤したり関係ない場所に行く行為は、認定されません。
ただ、通勤中に日用品を買うため寄り道をする程度であれば、通勤災害と認められるケースも存在します。

■業務災害の認定条件
結論から言うと業務災害は、「業務上」に含まれれば認定されます。
なにかしらの業務により発生した災害なら、残業中でも出張中でも業務災害として認められます。
ただ休憩中に遊んでいて怪我をした場合は、私的な行為なため業務災害とはなりません。

■条件を満たした場合
条件を満たして労災に認定され、申請をすると多数の補償が受けることが可能です。
それが下記となります。
・療養補償給付
・障害補償給付
・休業補償給付
・遺族補償給付
・葬祭料
・傷病補償年金
・介護補償給付

多数の損害を補償してくれますが、慰謝料による損害のカバーはありません。

▼ まとめ
労災による怪我や病気の、治療や休業補償は保険があれば給付されます。
ただそれには、労災と認定される条件を満たす必要があります。

NEW

  • 障害年金、結婚したら、止められるか。

    query_builder 2021/10/04
  • 電子書式を利用したら、楽になりました。

    query_builder 2021/08/11
  • 年金の支給要件緩和されても、前のルールは生きている。

    query_builder 2021/02/13
  • マイナンバーが解れば、とりあえず社会保険の手続きができる。

    query_builder 2021/02/10
  • 忘れがちな従業員がやめたときの市民税の手続き

    query_builder 2021/02/09

CATEGORY

ARCHIVE